①低周波はり通電治療

 

体に刺入したハリに電極をつけ電気を流します。電気刺激によって筋肉が動きます。その刺激によって血流が良くなったり、凝りが改善されます。また、痛みの緩和にも効果があります。この治療方法は「筑波式」とも呼ばれています。筑波大学の前身、東京教育大にいらした先生が考案された治療方法で、スポーツ選手のケアに多く使われています。